目の衰え

目・視力の衰えについて

スポンサードリンク

老化による症状の代表的なものは,目の衰えです。何らかの目の衰えをほとんどの人が経験することでしょう。では,目の衰えによる症状としてどのようなものがあるでしょうか?

 

老化による目の衰えとしては,老眼(正式には,老視)があります。40歳代から老眼を自覚し始める人が増え,60歳代前半ではかなりの人に老眼の症状が見られるようになります。特徴的なのは,近くのものにピントを合わせられなくなることです。それで,中高年になると,字を読むなどするときにものを離して見ることが増えるようになります。

 

老眼が起こるのは,目のレンズの役目をする水晶体が弾力性を失うためです。それによって,ピント調節力が弱くなり,見えにくくなる訳です。近視の人は老眼になりにくいといわれますが,このメカニズムからすると誰にでも起こる老化現象であることが分かります。近視の人は近くにピントが合いやすいので,老眼になっても見えにくさをそれほど感じることがないだけです。

 

また,白内障も目の老化現象の一つです。白内障は,水晶体が濁ることによって起こるもので,スリガラスを通してみるようにぼやけたりかすんだりしてきます。視力の低下や光に過敏になるのも白内障の特徴です。進行の程度によって治療法は異なり,手術が勧められることもありますし,特に治療を必要としないこともあります。

 

水晶体の濁りを抑えるために,紫外線対策が有効とされています。また,加齢によってルテインという成分が体内から減少するため,食事やサプリメントで取り入れることを勧める人もいます。

スポンサードリンク