過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について

スポンサードリンク

最近注意が促されている便通異常として,過敏性腸症候群があります。腸そのものに異常はないのに便通やお腹の調子がおかしくなる症状です。それでは,具体的に過敏性腸症候群とはどのようなものなのか,見てみましょう。

 

過敏性腸症候群には主に3つのタイプがあり,一つは別項でも取り上げたけいれん性便秘,その他に神経性下痢,さらに交替性便通異常があります。けいれん性便秘は,腸が過剰に活動することで生じる便通異常のことです。神経性下痢は,一日のうちで何度もお腹が痛くなり,下痢便が出るというものです。交替性便通異常は,便秘と下痢が繰り返される状態をいいます。このような状態が1ヶ月以上続いている場合,他に原因となる病気がないなら,過敏性腸症候群と診断されます。

 

過敏性腸症候群では,便通に関係した症状だけでなく,お腹の張りや不快感,おならやゲップ,吐き気,食欲不振,頭痛,肩こりなどの症状が出ることもあります。少し体調が悪いのだろうというくらいで片付けることがあるかも知れませんが,場合によっては病院での治療が必要です。

 

過敏性腸症候群の発症原因としては,ストレスが挙げられます。ストレスによる自律神経の乱れが,ある人は便秘として現われる,別の人は下痢をする,などという具合です。多くの場合,通勤中や仕事中など緊張した場面で症状が現われ,休みの日やリラックスしているときは大丈夫,という傾向があり,精神状態が影響していることがうかがえます。

 

生活改善をすることで治ることが多く,コントロールの難しい部分では薬を使用することもあります。我慢せずに病院で相談することが大切です。

スポンサードリンク