便秘薬で便秘解消

便秘薬で便秘解消

スポンサードリンク

便秘が辛いときには,便秘薬を使って便を出すというのも一つの方法です。一時的な便秘であれば市販薬で十分ですし,病院で処方される薬の種類も増えています。では,便秘解消のための便秘薬の選び方について見てみましょう。

 

市販されている便秘薬には,いくつかの種類があります。一つは,塩類下剤というもので,マグネシウムが主な成分になっています。名前に,マグということばが使われているものがよくあります。二つ目は,膨張性下剤で,プランタゴ・オバタというオオバコ科の植物が使われているものです。食物繊維が豊富で,便のかさを増やすのに効果的です。大腸刺激性下剤というのもあり,センナやダイオウといった生薬,ピサコジルやピスコルファートナトリウムといった成分が使われています。

 

最も一般的な便秘薬としては,塩類下剤です。腸に溜まった便は水分が奪われて硬くなっていますが,この下剤で腸から水分を引き出して便を柔らかくすることができます。直腸の出口で硬い便がフタをしているようなときに効果的です。膨張性下剤は,少食やダイエットで便の量自体が少なくて便秘になっているときに便の量を増やしてくれます。大腸の働きが鈍っているようなら,大腸刺激性下剤を使えますが,常用するとますます腸が鈍感になりますので注意が必要です。

 

病院では,消化管運動機能改善薬という種類の薬を処方されることがあります。これは,一旦便を出すというのではなく,腸の働きを改善するものですから,慢性的な便秘で長く苦しんでいる人は病院で相談すると良いでしょう。

スポンサードリンク