紫外線が美肌を損なう

スポンサードリンク

UVと美肌の関係

美肌作りを邪魔する大きな要素は,紫外線です。日焼けした肌が健康的という考えは捨てて,季節に関係なく紫外線対策をすることが必要です。では,紫外線が肌に与える影響について見てみましょう。

 

皮膚が紫外線を浴びると,紫外線に対する防御反応としてメラニン色素が作られます。これが日焼けですが,経験から知っているとおり,しばらくすれば肌色は元に戻ります。これは,新陳代謝によってメラニン色素が抜け落ちることの結果です。しかし,新陳代謝がスムーズに行なわれなかったり日焼けがひどかったりすると,メラニン色素が肌に残り沈着します。これがシミとなって現われることになります。

 

また,紫外線のうちUV-A波といわれる波長の長い紫外線は,肌の奥,真皮層にまで達します。真皮層には,肌の弾力を保つコラーゲンがありますが,それがUV-Aによって破壊されることになります。そうすると,傷跡が治ったときのような縮みが起きて,それがシワとなります。

 

通常,紫外線対策に注意し始めるのは,梅雨が明けて夏に入ってからでしょう。しかし,実際は春先から紫外線の量は多くなってきて,一番時候が良く爽やかに感じる5月頃にピークを迎えます。冬には紫外線は弱くなりますが,陽が低いため部屋の奥まで入って来やすくなっています。

 

紫外線対策を怠ると,すぐには美肌へのダメージがあまりなくても,次第に蓄積してシミやシワが目立つようになってきます。紫外線を受けても平気という人はいませんから,美肌のためには十分の対策が必要です。

スポンサードリンク