女性のための医療費軽減方法

女性のための医療費軽減方法について

スポンサードリンク

女性は,男性にはない病気になることもあれば,妊娠や出産で産科に通うこともあります。そのようなときに気になるのが医療費でしょう。少しでも軽減することはできないでしょうか?では,医療費を軽減するための方法について見てみましょう。

 

女性が医療費を軽減できる方法の一つが,医療費控除の活用です。医療費が家族の分も含めて1年間に10万円を超えた場合,所得税の一部が還付されるというものです。

 

この場合,医療費に含められるものとしては,治療のために通院・入院したときの費用やドラッグストアで購入した薬の代金などです。薬は,ビタミン剤などはダメですが,便秘薬や痛み止めなど一般的な治療薬は含められます。また,女性にとってありがたいのは,妊娠中の検査費用や通院のための交通費なども含められることでしょう。すべてレシートを取っておいて,確定申告の際にまとめて提出します。

 

また,入院をして1ヶ月の医療費がたくさん掛かった場合は,高額療養費制度を使うと良いでしょう。所得によって違いますが,医療費が一定額を超えた分を払い戻してもらえます。ただし,自己申告ですので,忘れず手続きをしましょう。

 

さらに,さまざまな医療保険も加入しておくと万一のときに役立ちます。通常の医療保険に女性特約を付けることもできますが,最近は女性向けの保険も増えています。お金がないから保険に入れないというよりも,お金がないときこそ保険が助けになります。しかも,健康なときに検討しておかなければいけません。

スポンサードリンク