婦人科系の健康トラブル

婦人科系の健康トラブルについて

スポンサードリンク

女性の体は,子供を身ごもり1年近くお腹の中で育てるという大変なことを行なうようになっていて,その分それに関係した健康トラブルを抱えがちです。では,女性特有の婦人科系の健康トラブルとしてどのようなものがあるでしょうか?

 

一つは,生理不順です。生理が始まった日から次の生理が始まる日までの期間を月経周期といいます。正常な月経周期については,25〜38日とか26〜35日などといくつかの見方がありますが,最も理想的な28日周期で生理がある人は約7〜10人に一人といわれています。いずれにしても,周期が定まらないとか,いつもより短かったり長かったりすると問題です。治療が必要なケースもありますが,ストレス対策や生活習慣の改善などで安定することもあります。

 

生理に関係するトラブルとして,月経困難症もあります。月経困難症とは,生理痛や生理の時期の頭痛,倦怠感などを総称したものです。程度には個人差があり,中には生活に支障が出るほどの人もいます。ストレスやホルモンバランスの乱れ,子宮筋腫や子宮内膜症といった病気などが原因として挙げられます。いつもよりひどい,鎮痛剤が効かない,というときは,病院で診てもらうようにしましょう。

 

PMS(月経前症候群)も婦人科系のトラブルとして多いものです。生理が来る前の身体的,精神的に不快な症状すべてがこれに含まれます。月経によるホルモンバランスの変化が原因とされていて,やはり程度には個人差があります。症状を緩和するための薬もたくさんありますので,我慢せず病院で相談すると良いでしょう。

スポンサードリンク