健康を損なう要素

女性の健康を損なう要素について

スポンサードリンク

若くてもそうでなくても,何らかの健康上のトラブルを抱えている女性は少なくありません。何がその原因となっているのかを探るのは,症状を改善したり和らげたりするために必要なことです。では,女性の健康を損なう要素には何があるでしょうか?

 

一つは,元々の体の弱さです。いろいろな意味合いがありますが,最も分かりやすいのは体力がないということでしょう。体力がなく筋肉が少ないので,血行が悪くなりやすいです。それが原因で,冷え性や肩こり,頭痛などの症状が出ます。腹筋が弱いことが便秘を引き起こしていることもあります。このようなことから基礎代謝が低下し,太りやすくなってしまいます。これがさらに不快な症状の原因となる,という悪循環に陥ることは少なくありません。

 

体力に影響している要素として,食生活が挙げられます。一般的に,女性は男性よりも食が細く,栄養バランスは悪くなくても全体的に不足気味になってしまう傾向にあります。摂取量は十分でも,体力低下によって体内での吸収が悪くなっていることもあるでしょう。このようなことが貧血や疲労感などを起こして健康維持を難しくしている一因といえます。

 

女性特有の体の働きによるものもあります。個人差はありますが,月ごとのホルモンバランスの変化によって目まいやのぼせ,冷え,気分変調などの不定愁訴が起こります。妊娠や出産に関係しても不快な症状が現われることがありますし,中高年の閉経時にはそのような症状が長引くことも少なくありません。

スポンサードリンク