関節痛情報

関節痛とは?

スポンサードリンク

人の骨格にはたくさんの関節があり,複数の骨が関節によってつなぎ合わされています。この関節で起きる痛み,関節痛は,身近に起こり得る症状の一つです。では,関節痛とはどのようなものなのでしょうか?

 

関節は,体を動かすのに大切な役割をしています。関節がなければスムーズに動くことができず,ロボットのような動きをしなければいけなくなります。ケガなどで関節部分を固定したことのある人は理解できるでしょう。

 

関節といっても,いくつかの種類があります。一番多いのが,指やひじのような一定方向にだけ曲げ伸ばしできるものです。それに対し,肩の関節は前にも後ろにも体の外側にも動きますし,グルグル回すこともできます。関節の種類に関わらず,関節を構成する骨の両端には軟骨があり,これが骨同士の摩擦を防いでいます。また,関節部分を覆う滑膜が分泌する滑液が潤滑油となって,関節のスムーズな動きを助けています。

 

しかし,さまざまな理由で関節を構成するこれらの要素,また周辺の筋肉などに過剰な負担が掛かり続けると障害が起こり,痛みを発するようになります。詳細は別途取り上げますが,それぞれの関節に特有の原因で関節痛が起きるのが一般的です。

 

また,広い意味でいうなら,ねんざも関節痛に含められますし,風邪を引いたときに節々が痛むのも関節痛といえるでしょう。このようなケガや病気による炎症などの場合はいずれ治まりますが,関節そのものに問題が起きて発生する関節痛は,慢性化したり進行したりすることが多いです。

 

スポンサードリンク