関節痛の原因

関節痛の原因

スポンサードリンク

関節の痛みは,部分や他の症状などによって原因が異なります。しかし,基本的には似たようなことが原因で起こりますから,関節痛の予防や軽減のために知っておくと良いでしょう。では,関節痛の原因について見てみましょう。

 

関節痛の原因となる大きな要素が,加齢です。若い頃には出なかった関節痛が,50歳代,60歳代になると出て来やすくなります。そして,その中高年の年代で多い関節痛が変形性関節炎で,主にひざの関節で症状が出ます。この場合,ひざの関節にある軟骨が磨り減ることで変形し,それによって動かすときに痛みを感じるようになります。ひざには,立っている限り負担が掛かりますから,その期間が長ければ長いほど関節の変形が起きやすくなります。また,加齢によるヒアルロン酸の減少で関節の動きが鈍くなることも影響しています。

 

若くても,スポーツなどによって大きな負担が関節に掛かり続けると,関節痛になることがあります。野球のピッチャーが肩を壊すとか,ゴルファーが腰を痛めるというのはその例ですし,テニスひじといわれるものもあります。成人した選手はもちろんのこと,スポーツに打ち込む子供にもよく見られ,骨や筋肉の発育途中でもあることから関節痛や故障につながることも少なくありません。

 

五十肩といわれるような加齢による肩関節の痛みは,関節そのものというよりも,関節周辺の筋肉が炎症を起こすが原因となります。老化によって筋肉量が減少することが大きく影響しています。

 

スポンサードリンク