関節痛チェック

関節痛チェック

スポンサードリンク

関節痛になっているかどうか,また程度はどれくらいか,というのをチェックしておけば,予防や対策を行なえますし,病院での診察も受けやすくなります。では,関節痛をチェックするための項目について見てみましょう。

変形性膝関節症チェック

特に,ひざに多く見られる変形性関節痛の状態をチェックしてみましょう。

 

次のようなことに当てはまるかどうか,チェックします。太っている,もしくは太り気味である,脚の筋力が弱い,年齢が40歳以上である,激しい運動の経験がある,O脚である。これらは,変形性関節痛になりやすい人の傾向です。ですから,多く当てはまるなら,それだけ関節痛のリスクが高いということになります。

 

次に,実際の症状についてチェックしてみましょう。歩き始めるときにひざが痛む,立ち上がるときにひざが痛む,階段を降りるときにひざが痛む,正座やしゃがむ姿勢をしづらい,ひざの曲げ伸ばしがしづらい,朝起きるとひざの関節が固い。このような項目に該当しているなら,関節痛の症状が出ているということです。特に,後の方の症状があるのであれば,ある程度進行していることが考えられます。

 

このようなことをチェックして病院を受診するときには,痛みを感じ始めたのはいつ頃か,どのような運動をどの程度行なっていたか,過去にひざを痛めたり水を抜いたりしたことがあるか,どのようなときに強く痛みを感じるか,といったことを医師に伝えられるようにしておくと良いでしょう。また,市販薬を使ったことがあるなら,それもチェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク