関節痛とマッサージ

関節痛とマッサージ

スポンサードリンク

関節痛に限らず,いろいろな痛みがあるときにマッサージを受けに行く人は少なくありません。実際,そのような症状を対象に施術している治療院も多いでしょう。では,関節痛のときのマッサージの仕方や注意点などについて見てみましょう。

膝関節痛とマッサージと注意点など

ひざ関節痛の場合,肩こりや腰痛と違って,筋肉ではなく軟骨や骨に異常が起きています。ですから,腰痛緩和に通っているマッサージが良いからといって,関節痛にも効果があるとは限りません。基本的にマッサージは,こり固まった筋肉をほぐして血行を改善させることが大きな目的です。ですから,関節の痛みが和らがないこともあるでしょう。また,痛みが軽くなったとしても,治している訳ではないことを理解している必要もあります。

 

それで,関節痛でマッサージに通おうと思うときは,事前にマッサージ師と相談するようにしましょう。健康保険が適用されない治療院の場合,高額な費用を払いながら効果が得られないとしたら残念なことです。

 

注意が必要なのは,痛みが強いときにはマッサージをしないことです。痛みは炎症を起こしていることの現われですから,そのようなときにマッサージをして血行が良くなると,かえって痛みが増すことがあります。痛みがある程度引いた時点で,関節をほぐす目的で通うことができるでしょう。

 

できれば,病院での治療を優先し,マッサージに通うときも医師と話し合った上で行くようにしましょう。どのようなケースでもマッサージが有効という訳ではありませんので,信頼しすぎないことが大切です。

 

スポンサードリンク