子供の関節痛

スポンサードリンク

関節痛といえば中高年特有のものと思いがちですが,子供でも関節の痛みを訴えることがあります。当然,中高年の関節痛とは原因も病態も違いますが,対処しなければいけません。では,子供に見られる関節痛にはどのようなものがあるでしょうか?

 

子供がなる関節痛の大きな原因は,スポーツです。いわばスポーツ障害として関節痛が起きることがあります。骨格も筋肉も発育途中にある子供の場合,無理なスポーツは過剰な負担となって関節部分を中心に痛めることがあります。

 

陸上での投てき種目,野球やテニス,バレーボールなど思い切り腕を振るような球技などをしている子供の場合は注意が必要です。小さい頃からゴルフを始める子供も増えていますので,ゴルフひじにならないようにしなければいけません。さらには,基礎練習でランニングやジョギングをすることも多いと思いますが,フォームが悪かったり体力以上に走ったりすることで,ひざ頭の骨の軟骨が損傷する膝蓋(しつがい)軟骨軟化症というケガにつながります。

 

スポーツをする子供が何らかの痛みを訴えるとき,ただの筋肉痛とか,年齢から考えて成長痛だなどと考えて十分のケアをしないかも知れません。そのようにして放置していると,そのスポーツができなくなるばかりか,将来的に生活への支障が出るようになることも考えられます。

 

本格的にスポーツをする場合は,それなりの対処が必要であることをわきまえ,関節痛をはじめ何らかの痛みを訴える場合はきちんとケアできるようにしておきましょう。早めに専門医に診てもらうことも大切です。

 

スポンサードリンク