ひざの関節痛

膝の関節痛について

スポンサードリンク

関節痛といってまず思い浮かべるのが,ひざの関節痛です。実際,関節で起きる痛みの中で最も多いのが関節痛で,年齢を重ねるごとにひざの関節痛を訴える人が増えてきます。それでは,ひざの関節痛の特徴や原因について見てみましょう。

 

ひざの関節は,太ももの骨とすねの骨,前側にあってお皿といわれる膝蓋骨などの骨とそれぞれの骨にある関節軟骨,潤滑油となる滑液を分泌する滑膜,じん帯,腱などによって構成されています。これらのすべてが正常に機能して初めて関節はスムーズに動くことができます。

ひざの軟骨の磨り減り

しかし,ひざには立っているだけで体重の分の圧力が掛かり,歩いたり走ったり階段を降りたりするときにはその何倍もの圧力が掛かることになります。日常生活に欠かせないこのような動作が積み重なり,40歳代後半から50歳代になる頃には関節軟骨の擦り減りが見られるようになり,次第に痛みを感じ始めます。この状態が関節痛の初期段階です。

 

進行するにしたがって関節軟骨の磨耗が顕著になり,太ももとすねの骨同士がこすれ合って出っ張りができるほどにまでなります。こうなると,痛みも非常に強く,ひざを動かすのにも苦労するでしょう。

 

ひざの関節痛が起きるのには,長年の負担の蓄積に加えて,老化による筋力の低下や軟骨が必要とする栄養素の現象なども影響しています。ひざの関節痛を感じ始めると動くことが少なくなり,それが原因で筋力が弱まり,さらに関節に負担が掛かる,という悪循環に陥ることも考えられるでしょう。

スポンサードリンク