ひじの関節痛

肘の関節痛

スポンサードリンク

関節痛が起こりやすい部位として,ひじがあります。通常の生活ではそれほど頻度が高くありませんが,腕を使うスポーツを本格的に行なっている人によく見られます。では,ひじの関節痛にはどのようなものがあるでしょうか?

 

よく耳にするのが,テニスひじです。ひじで起きる関節の痛みですから,関節痛に含めることができます。専門的には,上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつそとがわじょうかえん)といいます。外側という名前のとおり,ひじの外側で起きるもので,バックハンドテニスひじともいわれます。原因としては,フォームが不安定であること,筋力が弱いこと,ラケットの中心でボールを捉えられていないことなどが挙げられます。

 

テニスひじと並んで多いひじの関節痛がゴルフひじです。こちらは,ひじの内側で起こるため,内側上顆炎といわれ,フォアハンドテニスひじということもあります。ゴルフやテニスのスウィングに限らず,野球のピッチング,やり投げなどのスポーツでも起こることがあります。やはり,フォームが悪かったり筋肉が少なかったりすることが関係するようです。

 

これらはスポーツ障害ですが,スポーツをしない人でもこのような関節痛を訴えることはあります。例えば,重いスーツケースを頻繁に持ち運ぶ人の中には,ゴルフひじになる人がいます。ひじと前腕での痛みが主な症状です。

 

ひじの関節痛がありながらそのスポーツを続けるのは危険です。最初は我慢して続けられるかも知れませんが,次第にじっとしていても痛みを感じるようになり,悪くすると腕に大きな障害を持つようになることもあります。

スポンサードリンク