肩の関節痛

肩関節痛について

スポンサードリンク

関節痛がよく起きる部位に,肩があります。肩こりとは違う鈍い痛みがあって,肩の関節痛で病院を受診する人も多いようです。では,肩の関節痛にはどのような症状があるのでしょうか?また,何が原因なのでしょうか?

 

肩の関節痛で一般的なのが,五十肩です。五十肩はよく知られている肩の痛みですが,定義がはっきりしていないのが実際のところです。五十肩という名前から年齢を想起して,40歳代だから四十肩という言い方をする人もいますが,年齢に関わらず五十肩の症状があれば五十肩です。

 

五十肩の症状で特徴的なのは,痛みがある側の腕を挙げられないということです。そのような状態なので,高いところのものを取るときや着替えをするとき,お風呂で体を洗うときなどに支障が出ることが多いです。このような痛みは,多くの場合,対策をしてもピークまで進行するようです。その後,可動域制限がありながら痛みが和らぐ時期を過ぎ,徐々に改善していきます。

 

五十肩は,関節の痛みというよりも,関節周辺の筋肉の炎症による痛みといった方が正確です。原因として多いのが,肩の筋肉に掛かる負担です。ですから,五十肩は使い痛みともいえるでしょう。

 

病院で五十肩と診断されても何らかの治療を行なうことはあまりありません。シップ薬を貼るなどして痛みを軽減しながら,回復を待つことになるでしょう。ただし,その間も関節を動かすようにしなければ関節が固まりますから,リハビリが必要です。五十肩は,医師による治療と同意があれば鍼治療を健康保険で受けられます。

スポンサードリンク