関節痛の治療法

関節痛の治療法

スポンサードリンク

関節痛の治療法は進歩しており,以前より効果的な治療が受けられるようになってきました。担当の医師と相談しながら治療を進めていくと良いでしょう。では,関節痛の治療にはどのような方法が取られるのでしょうか?

 

ひざ関節痛の治療では,主に保存療法と手術療法が行なわれます。保存療法は,外科的な措置は行なわず,運動や薬で治療を進めていく,というものです。それで成果が得られない場合,手術療法が適当かどうか検討されることになります。

 

保存療法で行なわれるものの一つが,運動療法です。いわばリハビリです。弱った筋肉を鍛えたり動きにくくなった関節の可動域を広げたりする運動を専門医の指導の下行ないます。しっかり頑張りたいところですが,無理をすると余計に関節に負担となりますから,マイペースで続けていくことが大切です。

 

さらに,保存療法として薬物療法も行なわれます。腫れや痛みを抑えたり,関節を修復したりするために,薬を使って治療します。これまでは,副作用の軽い非ステロイド剤を使って治療を始め,効果を見ながら徐々に強い薬に移行するというのが主でした。しかし,少しでも早く治療を行なわなければいけないという認識から,早い段階で抗リウマチ薬を使うようになってきています。最近では,生物学的製剤というさらに効果のある薬も開発され,治療の幅も広がってきました。ただし,薬の効き目が強ければそれだけ副作用も重篤なものになる可能性がありますから,費用面での問題も併せて医師と相談する必要があるでしょう。

スポンサードリンク