関節痛患者の日常生活

関節痛は日常生活の工夫で予防や負担の軽減を

スポンサードリンク

関節痛の症状が出たなら,日常生活の中でも工夫をして関節に負担を掛けないようにしなければいけません。程度によっては,少し出費が必要になることもあるかも知れません。では,関節痛での日常生活の過ごし方としてどのようなことが行なえるでしょうか?最も多いひざ関節痛を例にとって見てみましょう。

 

まず家での過ごし方ですが,座るときは正座を控えるようにしましょう。実際,変形性関節痛のある人が正座をするのは難しいと思いますが,仮にできるとしてもひざへの負担が大きいです。ただし,脚を前に投げ出して座る座り方は腰を悪くすることがあります。ですから,椅子に座るのがベストです。

 

そのような意味でいえば,トイレも洋式の方が良いでしょう。しかし,家庭のトイレを簡単に変えるのは難しいかも知れません。そこで,汲み取り式トイレの便器だけを洋式のものにできる,簡易水洗トイレにすることも考えられるでしょう。長い時間いる場所ではないといって我慢せずに,何らかの対処をした方が悪化を避けられます。

 

歩くときには,杖を使うと楽です。体重を分散させることができますから,ひざへの負担を和らげられます。杖もいろいろなものがありますが,ホームセンターなどで適当なものを買うよりも,医療機関で相談して自分に合うものを作ることをオススメします。

 

ひざへの負担を減らすという点では,体重管理も行なうようにしましょう。あまり動かずに何かをつまみながら過ごすことが多いと体重が増えて,ひざにも良くありません。できる運動を行ない,食事もコントロールするようにしましょう。

スポンサードリンク