活性酸素によるアレルギー

活性酸素によるアレルギーについて

スポンサードリンク

ここ数十年でアレルギー性の病気が非常に増えたように感じる人は少なくないでしょう。それには,活性酸素を発生させるものが増えたことが影響していると指摘する声もたびたび聞かれます。では,活性酸素はアレルギーの発症とどのように関係しているのでしょうか?

 

アレルギー性疾患には,代表的なものとして花粉症やアトピー性皮膚炎,喘息などが挙げられます。他にも,最近では食物アレルギーへの注目が高まり,スーパーなどで購入する加工食品にはアレルギー物質の使用についての表示がされるようになりました。また,家でホコリを吸うだけで目のかゆみを訴えたりクシャミを連発したりする子供もいます。

 

そもそもアレルギーというのは,免疫機能の働きが過剰になった状態をいいます。花粉にせよ食べ物にせよホコリにせよ,本来人にとってまったく害のないものですが,外から侵入した異物として認識されると攻撃されます。体内の組織や器官がその被害を受け炎症などを起こすのが,アレルギーという訳です。この免疫による攻撃の際に使われるのが活性酸素です。

 

多くの人が感じているとおり,このようなアレルギーによる病気は最近非常に増えてきました。統計もそのことを裏付けています。それと同時に,活性酸素の発生源となるものも増えてきています。ストレスや環境汚染,生活習慣の悪化などです。

 

このような状況を考えると,活性酸素がアレルギーを引き起こす一つが要因となっていることが分かります。現代病であるアレルギーには,やはり活性酸素への対策が必要です。

スポンサードリンク