ガントの関係について

活性酸素と癌との関係について

スポンサードリンク

活性酸素とガンとの関係は,たびたび取り上げられるところです。ガンの治療法も進歩してはいますが,発病するのは避けたいものです。では,活性酸素はどのようにしてガンを引き起こすのでしょうか?

 

すでに取り上げたとおり,活性酸素は細胞や組織よりもさらに小さい分子というレベルで活動を行ないます。ですから,人の体を構成する60兆個の細胞というだけでなく,天文学的な数に及ぶすべての分子が活性酸素のターゲットとなっています。

 

それは,細胞の中にある遺伝子も例外ではありません。遺伝子が損傷を受けると,細胞分裂の際に正確なコピーを作ることができず,突然変異を起こした細胞,つまりガン細胞が作られることになります。

 

活性酸素は日常的に人の体内で発生しているため,このようにしてガン細胞が作られることは珍しくはありません。ガン細胞を攻撃し排除する免疫機構のおかげで,ほとんどの人がガンを発症することなく命を終えます。その前の段階でも,DNAを修復する機能が働いてガン細胞ができるのを食い止めています。

 

しかし,免疫細胞の働きが弱るなどのトラブルが起きるとガン細胞が増殖し,しばらくの期間を掛けて腫瘍に成長します。レントゲン撮影で確認できる1センチ程度の腫瘍になったときには,約1億ものガン細胞ができているともいわれています。

 

ガンの発症にはさまざまな要素が関係していますが,活性酸素の発生を抑えると共に,免疫の活動を弱めないように体力を維持することが大切であるといえます。

スポンサードリンク