肌トラブルや美容への影響について

肌トラブルや美容への影響について

スポンサードリンク

活性酸素は,健康だけでなく美容にも悪い影響を与えます。キレイな若々しい肌をいつまでも保っていたい女性は,特に注意が必要でしょう。では,活性酸素はどのようにして美容に悪い影響を与えるのでしょうか?

 

若い人に多い肌トラブルとして,ニキビがあります。ニキビの原因としては,アクネ菌や増え過ぎた皮脂,洗顔料やメイクの残りなどが指摘されています。それらがニキビを引き起こす上で,活性酸素が一役買っています。アクネ菌の代謝物が紫外線によって活性酸素を発生させますし,皮脂の酸化は活性酸素が原因です。活性酸素はニキビを作るというよりも,炎症を起こし悪化させるものといえます。ニキビに悪いとされているものの多くは,活性酸素の発生源となるものですので,注意する必要があります。

 

シワやシミができると若く見えず,印象を悪くしてしまいます。このことにも活性酸素が影響しています。肌の張りを保つようにコラーゲンを使っている人は多いと思いますが,コラーゲンが活性酸素によって破壊されるとシワができます。また,シミの元として悪者扱いされるメラニン色素ですが,実は紫外線やそれによる活性酸素から肌を守るための防御システムで,役目を終えると新陳代謝によって抜け落ちることになっています。しかし,日焼けが繰り返されると沈着して残り,シミとなります。

 

このような肌トラブルを防いで美容を保つには,直接的なスキンケアも有効ですが,活性酸素への対策も欠かすことができません。

スポンサードリンク