紫外線対策で身を守る

紫外線(UV)対策で活性酸素から身を守る

スポンサードリンク

紫外線量が増える時期になると,日焼け予防としてはもちろん,活性酸素対策としても紫外線への備えをしていなければいけません。肌をキレイに保つためにも注意しましょう。では,活性酸素から身を守るために行なえる紫外線対策について見てみましょう。

 

外出時の紫外線対策は必須です。夏場の日差しが強い頃に紫外線を意識し始める人もいますが,実は春先が紫外線量のピークとなる時期です。暖かくなって外へ出る機会が増え始めると,紫外線対策を念入りに行なうようにしましょう。真夏のように日傘やサングラスという訳にはいきませんが,日焼け止めを塗って帽子を被るくらいは行ないたいものです。UVカットのレンズが使われたメガネを掛けるのも目の保護に役立つでしょう。

 

強い日差しを浴びると日焼けしますが,その原因となるのは紫外線のうち波長の短いUVB波というものです。UVB波をしばらく浴びると目に見えて赤くなったりヒリヒリしたりしますから,対策は行ないやすいでしょう。

 

注意が必要なのはUVA波で,浴びてもそれほど赤くならないために対策を忘れがちです。窓ガラスを通して室内にも入ってきますから,陽が低くなる冬場にも気を付けていなければいけません。これは日焼けよりもシミやシワの原因となります。

 

また,元々肌の色が濃い人は,メラニン色素が紫外線をガードしてくれていますが,白い人はその能力が弱く,活性酸素が発生してDNAが傷付けられやすい状態にあります。日焼けの期間が短いからといって用心を怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク