食事で身を守る

食事で活性酸素から身を守るその1

スポンサードリンク

活性酸素によるさまざまな害から身を守るには,食事に注目すると良いでしょう。活性酸素を除去する栄養素を意識的に取り入れることが大切です。では,どのような食事が活性酸素から身を守るのに役立つでしょうか?

 

そのための栄養素として,ビタミンAがあります。植物性のベータカロテンか動物性のレチノール,という形で取り入れると,体内でビタミンAとして働きます。ビタミンAには,活性酸素が傷を付けやすい粘膜を強くする作用があります。魚の肝を含むレバー,緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ビタミンCも,粘膜を強くするのに役立ち,細胞の酸化を防ぐ力,抗酸化力に優れた栄養素です。抗ストレスホルモンのアドレナリンを作る材料になりますので,多く摂っているとストレスへの抵抗力が強くなり,ストレスによる活性酸素の発生を抑えることができます。野菜や果物から幅広く取り入れることができます。

 

最も抗酸化力の強いビタミンは,ビタミンEです。特に,脂質やコレステロールの酸化を防ぐ作用があり,動脈硬化や脳梗塞などの予防に役立ちます。脂溶性ビタミンですが,多めに摂ってもあまり問題ありません。カボチャやモロヘイヤなどの緑色野菜,アーモンドなどのナッツ類がビタミンEを多く含む食材です。

 

抗酸化力を上げるには,これらのビタミンを単独ではなく一緒に摂る方が効果的です。油で調理すると吸収しやすくなるビタミンA,Eを使った料理に,生野菜やフルーツを付け合せるのも一つの方法です。

スポンサードリンク