子供の健康と生活習慣

子供の生活習慣病

スポンサードリンク

子供の健康に大きく影響を与えているのは,生活習慣です。子供の間にも,肥満や生活習慣病が広まっていることは,たびたび報道されているとおりです。では,どのような生活習慣が子供の健康を損なうことになるのでしょうか?

 

一つは,食習慣の乱れです。子供にとって成長する段階でさまざまな栄養素が必要であることはいうまでもありません。しかし,そのバランスが崩れて過剰に摂取している栄養素もあります。その中には,糖質や脂質,塩分(ナトリウム)などが含まれているでしょう。分かりやすくいうと,おやつやジュースが多いということです。大袋ごとお菓子を与えると,子供はコントロールできずに全部食べてしまうものです。たとえ良い食事をしていても,おやつの食べ過ぎがそれを台無しにしてしまいます。

 

二つ目には,運動不足が挙げられます。最近では,家の近くに安心して遊べるところが少なくなっているという事情もあり,じっとテレビを見たりゲームをしたりする子供が多いです。そのような事情で仕方がないといってそのままにしていると,運動嫌いになってほとんど体を動かさなくなり,肥満へ進展することになるでしょう。親と一緒に散歩したり週末遊んだりする機会はどうしても必要です。

 

最後は,睡眠です。意外に思うかも知れませんが,睡眠時間の短い子供ほど肥満のリスクが高まることが研究によって示されています。遅くまで起きていられる環境があるため,深い時間に寝るようになる子供も少なくありません。

 

子供のうちは大丈夫でも,大人になって生活習慣病になる可能性は高いですから,注意する必要があります。

 

スポンサードリンク