子供のケガ応急処置

子供の怪我や応急処置について

スポンサードリンク

子供がケガをすると,病院に連れて行ったり救急車を呼んだりする前に,応急処置をしなければいけないことがあります。具体的にどのように行なえば良いのでしょうか?また,万一に備えてどのような準備をしておくことができるでしょうか?

 

まず,どのような場合でも,落ち着いて対応することです。世話をする方が慌てふためいていると,ケガをした子供も不安になり,状態を正確に把握しにくくなります。血がタラタラ出る,腕が不自然に曲がっている,などショッキングなこともありますが,とにかく冷静になりましょう。

 

外傷があって出血をしているときは,まず傷口をキレイに洗います。少しの出血であれば気にせずに流水で流します。出血が続くなら,清潔なタオルやハンカチなどで傷口を押さえて止血しましょう。心臓より高い位置に上げるなどすると止まりやすいです。

 

注意が必要なのは,刺し傷です。小さなとげが刺さった程度なら家庭での処置で十分ですが,古い釘やガラスなどが刺さった場合は,自分で抜かずにすぐ病院へ行きます。もし抜いたなら,抜いたものも一緒に持って行って見せられるようにしましょう。

 

手足を打って変形している,骨折が疑われるようなケースでは,動かさないようにして救急隊を呼びましょう。何かの棒や雑誌を硬く丸めたものなどを添え木にして布で縛ると固定することができます。

 

家庭には必ず絆創膏や包帯,ガーゼ,傷薬などを常備しておきましょう。使用期限もチェックして管理する必要があります。子供と外出するときには,少なくとも絆創膏は携帯しておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク