突き指・ねんざ

こどもの突き指・捻挫

スポンサードリンク

子供の頃に突き指やねんざをして,しばらくシップを貼って過ごした経験のある人は少なくないでしょう。突き指やねんざは子供が起こしやすいケガですが,どのような対処をすれば良いのでしょうか?

 

まず,これらのケガがどういう状態かということについて見てみましょう。ねんざ(捻挫)とは,ねじる(捻る)とくじく(挫く)が合わさった名前から分かるように,関節が不自然な力を受けて正常な可動域を超えて動いたときのケガです。これによって関節がずれてしまうと脱臼,ずれない場合をねんざといいます。つまり,ケガの原因としては脱臼と同じですから,適切な対応が必要です。

 

突き指は,指先から指の付け根に向かって強い力が掛けられて起こるケガで,ねんざや脱臼もそれに含まれます。また,指の骨折やじん帯断裂もこれに含まれて,スポーツ中に起きるケガの中でも多いものに挙げられます。

 

子供の場合は,発育途中で体のバランスが不安定なため転びやすく,そのときに足首をねんざすることがよくあります。また,ボール遊びをするときだけでなく普段の生活の中でも突き指をしてしまいます。

 

突き指にしてもねんざにしても,患部が腫れて痛みが出てくるのが普通です。家庭で行なえる処置としては,そこを冷やすくらいでしょう。特に突き指で注意が必要なのは,決して引っ張らないことです。関節がどのようになっているか分かりませんし,状態によっては指の動きに影響しますから,整形外科などで診てもらうようにしましょう。

 

スポンサードリンク