薬の飲ませ方

子どものくすりの飲ませ方

スポンサードリンク

子供が何かの病気になると薬を飲ませなければいけません。親御さんの中には,これに苦労している人も少なくないのではないでしょうか?では,子供に薬を与えるときの注意点や飲ませ方について見てみましょう。

 

小さい子供の場合,出される薬はシロップか粉薬が多いでしょう。シロップは喜んで飲む子供が少なくありませんが,問題となるのが粉薬です。口に入れたは良いけれど,キレイに流し込むことができず,ザラザラした感じが残るのを嫌がってしまいます。それを一度経験すると,次からは拒否することでしょう。無理やり口を開けさせても逆効果ですし,特別なものを口に入れるということに不安を感じる子供もいます。

 

それで,粉薬を飲ませる方法としては,少量のゼリーなどに混ぜて与えることができます。薬局には,子供に薬を飲ませやすくするためのゼリードリンクも販売されています。

 

注意が必要なのは,ゼリーをたくさん入れないことです。ただでも食欲が落ちて頑張って食事をした後ですから,飲める量も限られています。残してしまうと薬が変質する可能性がありますから,残ったものを後で与えないようにしましょう。痛み止めや解熱剤など症状を和らげるための薬は,無理に全部飲ませる必要はないでしょう。

 

このような飲ませ方をしても良いかどうかは薬によって違いますから,医師や薬剤師に相談してからにしてください。どうしても飲まないようなら,薬を変えてもらうこともできます。また,当然ながら市販薬を飲ませるときには,必ず子供用のものを選ぶようにも注意しましょう。

 

スポンサードリンク