子供の健康教育

親がしたい子供への健康教育

スポンサードリンク

小さな子供は,体が弱いだけでなく健康について無知でもあり,病気になりやすいでしょう。特にその無知をカバーするために,大人が教えてあげることが必要です。それでは,子供に健康についてどのように教育すると良いのでしょうか?

 

小さい子供は,親が自分にしてくれることを通して,何が自分にとって必要なことなのかを理解していきます。汗をかいて濡れた下着を着たままいてはいけませんので,自分で着替えられない子供の服を親は替えます。自分で着替えができるようになった子供は,その経験に加えて,着替えが必要なことの理由についての知識で,自分から着替えるようになります。

 

ですから,経験や知識が増えていくにしたがって,子供は自分の健康維持に子供ながらに注意を払うようになるでしょう。どうすれば病気になりやすいか,どうすれば痛い思いをせずに済むか,という知識は非常に大切です。

 

学校でもいろいろと教わりますが,家庭で是非教えたいのが,体を清潔にすることの大切さです。一日汚れた体をお風呂できちんと洗うように教える必要があるでしょう。最初は親が洗ってあげるところから始まりますが,成長につれて自分で洗えるように指導します。大切なことですが,陰部を清潔に保つように教育するのも親の責任といえるでしょう。

 

また,食事が健康に与える影響についても教え,栄養価の高い食材を好き嫌いせず食べられるようにもしましょう。

 

子供のときに十分基礎ができていれば,成長して独立したときも自分で健康管理を行なえるようになります。

 

スポンサードリンク