子供の虫歯

子供の虫歯・航空ケア

スポンサードリンク

子供が成長していく上で注意しなければいけないのは,虫歯です。自分で歯磨きができなかったり,できたとしても磨き残しがあったりするような時期は,大人がチェックする必要があるでしょう。では,子供の虫歯への対策としてどのようなことが行なえるでしょうか?

 

子供は,2〜3歳頃までに乳歯が生え揃います。食事の内容も大人のものに少しずつ近付いていきますし,甘いお菓子のおいしさに目覚める時期でもあります。油断をしていると,小さな乳歯はすぐ虫歯になってしまいます。ですから,この歯が生え揃う頃には歯磨きの習慣を付けなければいけません。

 

歯磨きの方法も親が手本を示すと同時に,子供が自分で歯磨きをした後は,仕上げ磨きをすることも必要です。歯磨きを嫌がる子供もいますが,きちんと清潔にしないと虫歯になることを話して,歯磨きの大切さを教えるようにしましょう。

 

小学校に入る頃になると,乳歯が抜けて永久歯に生え変わり始めます。その頃に注意が必要なのは,乳歯の虫歯への対応です。すぐ生え変わるからと思って放っておくと,その下にある永久歯に悪い影響を与えます。成長している永久歯にトラブルがあると,歯並びやあごの形にも影響することになりますから,乳歯の虫歯も治療を受けるようにしましょう。

 

子供の虫歯の原因として指摘されているのが,大人の口にある虫歯菌です。スプーンの使いまわしなどで,虫歯菌のいる大人の唾液が子供の口に入り,それが虫歯を引き起こすことがあります。そのような習慣への注意と,親自身の虫歯ケアが必要といえます。

 

スポンサードリンク