アミノ酸とトレーニング

アミノ酸とトレーニング

スポンサードリンク

筋肉の元となるたんぱく質を構成するアミノ酸は,筋力アップにおいて欠かせないものといえます。たんぱく質としてではなく,アミノ酸としての摂取も効果的です。では,筋力アップのためにアミノ酸はどのように働くのでしょうか?

 

筋肉は,筋線維が束となってできていますが,この筋線維はアクチンとミオシンというたんぱく質によって構成されています。アクチンとミオシンの主な成分となっているのが,バリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸です。これらは体内では合成されない必須アミノ酸に分類されているものですが,その中でも分岐鎖という似た構造を持っているため,分岐鎖アミノ酸,略してBCAAと呼ばれています。逆にいえば,BCAAが筋肉の主原料となっている訳ですから,筋肉を作るにはこのアミノ酸を取り入れなければいけません。

 

さらに,BCAAの各アミノ酸には,筋力を強化したり成長を促進したりする働きがありますから,筋力アップには必要な栄養素といえます。

 

長時間のスポーツや激しい運動をするときにはBCAAを摂取するように,といわれますが,それはそのようなときに糖質や脂質をエネルギーとして使い切ってしまうと,たんぱく質が分解されていくためです。つまり,スポーツ時に筋肉を損傷するのを防いだりスタミナを維持したりするために,これらのアミノ酸は欠かせないという訳です。

 

スポーツドリンクの中には,BCAAを多く含んだものがありますから,アミノ酸補給と筋力アップのために使用すると良いでしょう。

スポンサードリンク