家族が病気になったとき

スポンサードリンク

家族が病気になったとき

健康に気を付けていても家族の誰かが病気になることがあります。やはり家族として世話をするなどの対応をしなければいけないでしょう。では,家族が病気になったときにはどのようにすれば良いのでしょうか?また,そのようなときのために役立つものがあるでしょうか?

 

ちょっとした風邪や疲れから来る体調不良など,家で寝ているだけで十分な場合があります。そのようなときの基本は,消化が良くて栄養のあるものを食べて,温かくして横になることです。必要であれば,市販薬で症状を改善できるようにすることもできるでしょう。病気によっては,子供に感染しないように注意が必要なこともあります。

 

普段とは明らかに違う症状が出て,休養や市販薬ではどうにもならないなら,病院に行く必要があるでしょう。いつ頃から症状があって,病院に行くまでどのような措置をしたか,ということを医師に説明できるようにしておきましょう。本人に代わって家族が病状説明を受けることもありますので,理解できるまで話を聞くことが大切です。

 

入院が必要であるといわれることもあります。入院生活となると,誰でも不安を感じるものですから,できる限り面会をして一緒に時間を過ごすようにしましょう。許可されるのであれば,散歩をして気分転換をすることもできます。病院のスタッフとも打ち解けられるようにしましょう。

 

家族の病気のときに備えて,痛み止めや風邪薬などの常備薬や病状を調べるための家庭の医学,体温計などを置いておくと役立つでしょう。

 

スポンサードリンク