家族の病気への対処法:その2

スポンサードリンク

家族の病気への対処法:その2

家族の誰かが慢性的な病気を抱えている,という家庭は珍しくありません。日々の生活が症状の出方に影響することもありますから,家族は注意が必要です。では,慢性的な病気を持つ家族にはどのように対応すれば良いのでしょうか?

 

軽いケースでは,貧血や低血圧,便秘などの日常的に見られる症状を慢性的に抱えているということがあるでしょう。食事によって症状が改善することもありますので,それに合わせた食事が必要になるでしょう。食事の準備をする母親は,それを考えてメニューを決めなければいけません。

 

慢性的な病気では,ときどき通院しなければいけなかったり,毎日欠かさず薬を服用しなければいけなかったりすることがあります。通院して大きな検査を受けるようなときには,家族の誰かが付き添えるでしょう。医師からの説明を聞く機会にもなります。また,必要な薬を忘れずに飲めるように気を配る必要もあります。

 

メタボリック症候群や生活習慣病など,生活改善が必要な病気や症状があるときはどうでしょうか?場合によっては,一緒に運動したり食事コントロールに付き合ったりすることができます。一人だけ辛い思いをしているという印象を与えないようにすることは大切です。

 

家族が抱えている病気についてある程度の知識を持っておくことは役立つでしょう。症状も安定しているし,自分で病院に行っているから大丈夫,などと思わずに,協力できることを探すなら,本人は心強く感じるはずです。ただし,お節介にならないように注意しましょう。

スポンサードリンク