子供の健康トラブル

スポンサードリンク

子供の健康トラブル

健康優良児という言葉のままの子供がいるのに対し,生まれてからずっと病弱だという子供もいます。健康体であってもときどき病気にかかることを免れないのが実際のところです。では,子供がなりやすい健康トラブルにはどのようなものがあるでしょうか?

 

小さい子供の場合は,いろいろな感染症に気を付けなければいけません。一般的なのは風邪やインフルエンザですが,他にも麻疹や風疹,水ぼうそうなどがあります。かかりやすい季節や年齢がありますから,それに合わせて対応する必要があります。自治体などがワクチン接種をしているところもありますので,尋ねてみると良いでしょう。

 

そのような感染症では,家族の間で感染を広めないように注意することが大切です。兄弟が近付くのを制限したり,病気の子供が使った食器やタオルは別にして清潔にしたりすることで感染予防をすることができます。

 

まだ話をしない子供は,体のどこかに異変があっても言葉で訴えることができません。親は,子供が出すいろいろなサインを見逃さないようにする必要があるでしょう。耳が小さい子供は風邪を引いたあとに中耳炎になりやすいですから,そのようなときに耳を触ったり聞こえにくそうにしたりしているなら,中耳炎のサインかも知れません。

 

最近では,食べ過ぎと運動不足から生活習慣病になる子供も増えています。高血圧や糖尿病,脂質異常というのは中年代の人だけの病気ではありません。太り気味だと感じたなら,気を付けなければいけないでしょう。

スポンサードリンク