家族の医療費について

スポンサードリンク

家族の医療費について

家族全員が基本的に健康であればそれほど気にならないことですが,入院したり頻繁に薬を買ったりしていると,気が付けば医療費にかなり掛かっていることに気付きます。では,そのような家族の医療費に対してどのように対処できるでしょうか?

 

まずは,必要以上に薬を購入したり病院に行ったりしないことです。便秘薬などは常用しない方が体にも良いですから,使うのはどうしても必要なときだけにして,生活改善を基本に取り組むことができます。ちょっとした体調不良であれば,家で休養を取るだけで回復することもありますので,病院に行くかどうかを適切に判断することも大切です。

 

それでもどうしても必要で医療費がかさんだ,というときはどうすれば良いでしょうか?そのような場合は,公的な制度を活用するようにしましょう。

 

その一つは,医療費控除です。同一家計の家族での1年間の医療費が10万円を超える場合,所得税の控除を受けることができます。ドラッグストアで治療目的のために購入した薬の代金も含められます。家族全員のを合算できますので,領収書やレシートを置いておいてまとめると分かりやすいです。また,共働きの場合は,収入の多い方で申告した方が還付額が多くなります。

 

また,高額療養費制度も活用できます。1ヶ月の医療費がたくさん掛かったという場合は,所得に応じて設定された額を超えた分の負担額を返してもらえます。ただし手続きが必要ですので,病院や自治体で相談すると良いでしょう。面倒だと思うかも知れませんが,かなりの額になることが少なくありません。

スポンサードリンク