入院した家族へのケア

スポンサードリンク

入院した家族へのケア

家族が病気や事故で入院を余儀なくされることもあるでしょう。入院中は家族にとっていろいろと大変な時期になりますが,本人への心配りも忘れてはいけません。では,入院した家族をどのようにケアすることができるでしょうか?

 

病状や病院の看護形態にもよりますが,普通は家族が毎日面会して様子を見たり話し相手になったりするものです。家族のうちの少なくとも誰か一人が毎日行けるようにスケジュールを組むと良いでしょう。仕事や学校の帰りに少し立ち寄るだけでも,入院している本人は嬉しいものです。

 

多くの場合,面会に行ってどれくらいの時間留まるか,ということが難しく感じるかも知れません。。病院側で決められた制限があるならそれを守らなければいけません。しかし,家族であれば長い時間一緒にいても問題になることはないでしょう。入院している者としては,誰かがいてくれるだけで安心できますから,時間の余裕が持てるようにしておくと良いでしょう。

 

面会に行ってもすることがなく退屈だから帰る,などという人もいますが,嬉しい対応ではありません。一番退屈で,その上不安や心配を感じているのは本人ですから,自分中心で行動しないようにしましょう。

 

ある程度の時間面会をしていると,回診に来た担当医に会うことができます。そのようなときに一緒に病状を聞くなどすると,家族として治療に取り組んでいるという印象を持ってもらえます。顔馴染みになれば,そのような関係も築きやすいです。それは,患者が良い治療を受ける一助ともなるでしょう。

スポンサードリンク