季節の食材について

スポンサードリンク

季節の食材について

食事においしさを左右する要素に,使う食材が挙げられます。特に,季節に合った食材を使うと食事は格別なものとなります。ここでは,季節の食材に関係した現状やその特徴などについてまとめています。

毎日の食事に使っている食材ですが,季節に応じて旬を迎えるようになっています。おいしく,また季節感を感じながら食事をするには,季節の食材を使うようにしたいものです。では,季節の食材というテーマで考えてみましょう。

 

人が暑い,寒い,暖かい,涼しい,といったことを感じるように,野菜や果物,魚介類などもそのような環境に反応します。ですから,ある季節にはよく育つ作物が,別の季節ではほとんど育たない,というようなことが起こります。魚なども季節に応じて近海で獲れるもの,南半球まで行かなければ獲れないものなどがあります。

 

農業にせよ漁業にせよ,季節に合わせて行なうのが昔ながらの方法ですが,化学肥料が開発されたり栽培方法が変わったり,また冷凍技術が進歩したりして,本来その季節に手に入らない食材が当たり前のようにスーパーなどで陳列されるようになりました。ある意味で科学の恩恵にあずかっている訳ですが,季節感が分からなくなるという弊害も起きています。

 

季節ごとの食材,つまり旬の食材には,食べる人の必要にかなった特徴があるものです。夏場には水分が多い野菜や果物が増えて暑さを和らげるのに役立ちます。寒くなる時期に出回る柑橘系の果物には,風邪予防に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

 

旬に関係なく一年中手に入る食材がある一方で,春の山菜などその季節にしか絶対に食べられない食材もあります。そのようなものは積極的に食事に取り入れるようにしたいものです。

スポンサードリンク