季節の食材とエコ

スポンサードリンク

季節の食材とエコ

季節の食材を取り入れた食事をすることは,エコにもつながります。マイバッグやゴミの減量化,リサイクルなどでエコを意識しているなら,さらに取り組みを増やすことができます。では,季節の食材を使うことはなぜエコにつながるのでしょうか?

 

旬の食材は多くの場合,産地から遠くに運ばれずに,近くで流通します。午前中を中心に多くの人でにぎわう産直市などは特にそうです。自分が住む都道府県内,場合によっては市内や町内で生産されたものが店頭に並べられます。そのような販売店で食材を購入することは,フードマイレージを低くするのに役立ちます。旬の新鮮な食材が欲しいときには,近くで生産されたものの方が質も良く,なおかつ環境への配慮も行なえるということです。

 

また,自宅にスペースがあるなら,家庭菜園を行なうことができます。家庭菜園では,季節の食材を最も新鮮な状態で手に入れられますし,環境を悪くする要素はほとんどありません。地域の緑化に役立つことも少なくありません。家庭菜園で育てた食材は,愛着を持って調理しますから,皮やヘタなどのゴミを極力減らすこともできるでしょう。生ゴミを有機肥料にリサイクルして利用する人もいます。

 

旬を意識した食材の調達をすることで,季節感が深まったり地域を大切にする思いが生まれたりします。それがエコについて考える良いきっかけになることも少なくありません。季節のおいしい食材をいただいたなら,それを育んだ自然への感謝も忘れないようにしたいものです。

スポンサードリンク