夏の食材の調理法

スポンサードリンク

夏の食材の調理法

疲れやすく食欲も落ちやすい夏ですが,旬の食材をふんだんに使った料理で乗り切りたいものです。夏の食材は,簡単な調理で食べられるのが嬉しいところです。では,夏の食材の調理法について見てみましょう。

 

夏の日差しを浴びておいしくなる食材の一つに,トマトがあります。サラダにしたり揚げ物の付け合わせにしたりするのが定番ですが,加熱してもおいしく食べられます。普段はホールトマトなどを使っているパスタも,皮をむいたトマトで一味違ったものにすることができます。トマトには,リコピンというカロテンが多く,紫外線によって細胞の酸化が進みやすい時期には,多く食べたい食材です。別のカロテンと合わせると効果が高まりますので,ニンジンやブロッコリー,ホウレン草などと一緒に調理すると良いでしょう。

 

夏には,生で食べられるキュウリが旬になりますから,食べる機会も増えるでしょう。カリウムが多く含まれていて,塩分から摂ったナトリウムを中和させるのに役立ちます。むくみやすい人や加工食品が多い人は積極的に食べましょう。加熱調理をしなくても良いというのは,暑い夏には嬉しいでしょう。

 

夏の魚介類としては,タコがあります。魚のように1匹そのまま手に入れる機会は少ないかも知れませんが,ゆでてパック詰めしたばかりのタコをよく見かけるようになります。酢の物やサラダなどに使うことができます。生のタコ足が店頭に並ぶこともありますが,薄くスライスして刺身などで歯応えを楽しむのも良いものです。満腹を味わいやすい食材です。

スポンサードリンク