冬の食材の調理法

スポンサードリンク

冬の食材の調理法

寒くなる冬は,エネルギーを蓄え病気を防ぐために,季節の食材を使った料理をしっかりと食べなければいけません。温かさを感じられる調理法が良いでしょう。では,冬が旬の食材をおいしく調理する方法について見てみましょう。

 

まずは,葉野菜です。冬には,白菜やキャベツを目にする機会が増えるでしょう。どうしても料理がワンパターンになりやすい食材かも知れませんが,シンプルに使ってみるのも良いでしょう。白菜は豚肉と相性が良いですので,一緒に煮込んだり蒸し煮にしたりすることができます。キャベツは,くし型に切ってベーコンなどと煮るとたくさん食べられます。人数によっては,丸のまま大きなお鍋に入れて煮込んでも良いでしょう。ビタミンCが水や熱で減りますから,食べる量を増やすようにしましょう。

 

冬の魚といえば,ブリでしょう。ブリは,生でも焼いても煮てもおいしく食べられる,用途の広い食材です。季節感を出すには,同じ冬の食材であるダイコンと合わせた,ブリ大根がオススメです。ダイコンを下茹でしておけば味が染み込みやすくなります。出来上がったすぐもおいしいですが,一旦冷やすとその間に味が食材に浸透します。臭み取りのショウガも忘れずに使いましょう。

 

冬には,かんきつ類が旬になります。安く手に入ったりたくさんもらったりして消費するのが大変なこともあるでしょう。そのような場合は,3つくらい搾って少量の水と砂糖を足すとジュースになります。寒い夜には,温めたものがオススメです。

スポンサードリンク