魚介類の旬

スポンサードリンク

魚介類の旬

季節を大いに楽しめる食材が,魚介類です。冷凍品や輸入品でいろいろなものが手に入るようになったとはいえ,やはり旬の魚介類はその季節に食べておきたいものです。では,魚介類の旬について見てみましょう。

 

よく知られている旬の魚介類をいくつか挙げるとすれば,春のタイ,夏のスズキ,秋のサンマ,冬のブリなどがあります。魚の旬には産卵の時期が大きく関係していて,産卵前が身も充実していておいしいとされています。例えば,タイは産卵前の春には桜の時期とも重なりサクラダイと呼ばれて高級魚として扱われます。それに対し,産卵を終えると,落ちダイや麦の時期とかけて麦わらダイなどといわれることがあります。

 

また,回遊に関係して旬が変わる魚もあります。有名なのがカツオで,春から夏にかけての上りガツオは比較的さっぱりとしていて,秋の戻りガツオは脂を蓄えていて違った味を楽しめます。

 

産卵と回遊の両方が旬に関係しているのが,サケです。産卵のため秋に川に戻ってきますが,産卵が近付けば近付くほど卵に栄養が取られ味も落ちます。それで,秋のものが秋味といわれて,秋が旬の魚として出回るようになります。初夏に北海道沿岸で水揚げされるサケはトキシラズといわれ,秋のものより小ぶりとはいえ脂が乗っていて珍重されます。

 

貝にも旬があります。アサリやハマグリは春を告げる貝ですし,寒くなればカキがおいしくなります。

 

夏にスタミナ食として食べられるウナギですが,最も脂が乗って味が良くなるのは秋から冬であるといわれています。当然値も張りますが,秋の楽しみとして食べてみるのも良いかも知れません。

スポンサードリンク