目の健康

スポンサードリンク

小さいながらも休むことなく働いて情報を取り入れてくれている器官が,目です。目の働きや仕組みは非常に複雑なもので驚かされます。ここでは,目がどのような仕組みで情報を取り入れているのか,まとめています。

目の仕組みについて

目は,体の表面積からすればわずかな部分しかありませんが,脳に取り込む情報の80パーセント以上の情報源となっていて,非常に重要な役目をしています。では,目はどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

少し複雑な話になりますが,目は周囲の明るさに応じて入ってくる光の量を調節しています。暗いところでは見えやすいように光を多く取り込み,明るいところではまぶしくないように光の量を減らす,という具合にです。また,見えるものとの距離感をはかりピントを合わせ,そのものの色や形を脳に伝えています。驚くべきことに,これは目を開けているかぎり行なわれ,脳に伝わるまでの時間差もありません。

 

目といってまず思い浮かべるのが,白目と黒目です。白目は正式には強膜といわれ,眼球を覆っている硬い組織です。黒目とは虹彩のことで,中心に瞳孔があって目に取り込む光の量をカメラの絞りのようにして調節しています。

 

光は瞳孔に入る前に,目の表面のドーム型をした角膜に当たります。角膜には眼球を保護し,目に入った光の屈折をさせる働きがあります。見たものへピントを合わせるには,虹彩のすぐ後ろにある水晶体の働きも必要です。水晶体は角膜とは違い柔軟性があるため,周りにある毛様体筋によって厚さが調節されます。こうして目に入った光は,目の一番奥にある網膜に届けられ,ロドプシンといわれる光受容細胞が信号として視神経に送り,最終的に脳へ伝達されます。

 

この非常に複雑な仕組みの中の一部でも問題が起きると,見え方に異常を感じるようになります。それは,単なる疲れ目かも知れませんし,もしかすると目の病気かも知れません。

スポンサードリンク