目の疲れにはマッサージ

目の疲れにはマッサージ

スポンサードリンク

目や周辺の筋肉が疲れたときは,マッサージをすると楽になります。マッサージといっても難しくはありませんので,息抜きに行なうと良いでしょう。では,目の疲れ解消にどのようなマッサージを行なえるでしょうか?

 

まず,同じところばかり見続けてこり固まっている目の筋肉をほぐしましょう。それは,視点をいろいろな方向に変えることで行なえます。近く,遠く,右,左,上,下と視点を移していきます。指やペンなどを動かして目で追うようにしても良いでしょう。緊張していた目の筋肉が緩んでくるのを感じるでしょう。直に触れない目の中の筋肉のマッサージはこのようにして行なえます。

 

目の周辺の筋肉も疲れていますので,しっかりとほぐしましょう。眼窩(がんか)といわれる目のくぼみに沿って指で軽く押していきます。気持ちの良いポイントが見つかると思いますので,そこをマッサージします。頬やこめかみ付近の筋肉も固まっていますから,指の腹で揉んだり口を動かしたりしてほぐしていくと良いでしょう。

 

肩こりの場合と同じように,目の筋肉も緊張が続いて血行が悪くなることでこり固まり,疲れ目を引き起こします。ですから,目や周辺を温めることもマッサージとして行なえます。熱いお湯で濡らして絞ったタオルや,冬場ならカイロなどを使うことができます。柔らかめのフェイスタオルで目を覆うだけでも,楽になるでしょう。何もなければ,両手をこすり合わせて温めてから,目のマッサージをすると良いでしょう。お風呂でのマッサージは,一日の目の疲れをリセットするのに最適です。

スポンサードリンク