結膜炎について

結膜炎について

スポンサードリンク

結膜炎とはときどき耳にする病気ですが,具体的にどのようなものなのかよく知らないという人も多いかも知れません。しかし,ちょっとしたことで誰にでも起こる可能性のある目の病気の一つです。では,結膜炎とはどのようなものなのでしょうか?

 

まず結膜についてですが,これはまぶたの裏を覆っている薄い膜のことを指しています。詳しくいうと,目の表面にある角膜がまぶたと接する部分に結膜があり,これによって眼球が自在に動くことができるようになっています。この結膜に起きる炎症が結膜炎で,原因はさまざまです。

 

目の正常な働きに欠かせない結膜ですが,涙によって常に潤されていて,毛細血管を通して栄養が送られ,体温で温められているという状態が,細菌やウィルスの温床となる環境となっています。特にアデノウィルスが感染することが多く,それによる炎症を感染性結膜炎といい,一般にははやり目ともいわれます。目の痛みやかゆみ,充血,目やにが主な症状で,感染力が強いため,学校やプールなどで集団感染することがあります。

 

もう一つ,よくあるタイプの結膜炎が,アレルギー性結膜炎です。分かりやすくいえば,花粉症やハウスダストアレルギーなどによる目のかゆみや充血のことです。この場合,水っぽく涙に近いような目やにが出ることもあります。アレルギーの一つの症状ですので,アレルギーのある時期は結膜炎が出ることになります。

 

どちらも症状が出た後の経過が悪いということはあまりなく,症状を和らげる点眼薬などを使いながら経過観察をすることが多いようです。

スポンサードリンク