視力異常

視力異常について

スポンサードリンク

目のトラブルの代表的なものは,近視や遠視などの視力異常です。小さい頃から視力が低い人も少なくなく,正視の人より近視の人の方が多いとされています。では,視力異常とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

視力が正常な場合は,角膜を通して入った光が水晶体で屈折し,網膜で焦点が合うようになっています。しかし,網膜より前で焦点が合うように屈折すると遠くが見えにくくなり,近視の状態とされます。反対に,網膜の奥で焦点が合うようになっている場合は,近くが見えにくい遠視の状態です。

 

近視の原因としては,水晶体の屈折率に対して眼球が長いことが一つで,これは遺伝などが影響して先天的に見られるものです。また,姿勢が悪いなどの理由で常に近くに焦点が合っている状態なら,水晶体の厚さをコントロールできず,遠くが見えにくくなることもあります。近視の人の多くが,後者によるものと考えられます。

 

遠視は,近視とは反対で,屈折率に対して眼球が短く,焦点が網膜の後ろで合うようになる場合と,角膜での屈折が弱いことで焦点が合わせられない場合とがあります。遠視というと,遠くが見えやすいとイメージするかも知れませんが,近くも遠くも見えにくい状態です。

 

このような視力異常のケースでは,メガネやコンタクトレンズを使って矯正することが一般的です。また,度が進むといわれるように,視力の低下が進行することが多く,矯正器具をときどき作り直す必要がある人も少なくありません。

スポンサードリンク