病気による合併症

病気による合併症について

スポンサードリンク

細かい血管が張り巡らされ,血液に依存して機能している目は,さまざまな病気が原因の合併症の起こりやすい器官の一つです。それが視力に大きな影響を与えることになります。では,病気による合併症で目に起きるものにはどのようなものがあるでしょうか?

 

よく知られているのは,糖尿病による目への障害です。障害を受けるのは網膜ですので,糖尿病性網膜症といいます。高血糖の状態が続くと,毛細血管がもろくなります。それは網膜の血管も同じで,もろくなった毛細血管への損傷が網膜症を引き起こします。

 

一つは,血液や血漿が漏れ出すことで起きる非増殖型網膜症です。最初は自覚症状がない場合もありますが,次第に漏れた部分が腫れて視界を妨げることになります。色の区別ができなくなることもあります。増殖型網膜症では,もろくなった血管から新しい血管が作られ,それが大きくなるなどして出血を引き起こします。出血量が多い場合は,失明することもあります。

 

また,高血圧も目に合併症を引き起こします。高血圧が動脈硬化につながるのと同じメカニズムで網膜の血管が細くなります。そうすると目に送られる血液の量が減少して目の機能が弱まります。また,細くなった血管から血液がにじみ出して視力を低下させることもあります。

 

糖尿病性網膜症にしても高血圧性網膜症にしても,大切なのは血糖値や血圧のコントロールです。それが不十分だとこのような合併症が起こるリスクが高まります。糖尿病と高血圧の両方がある人は特に気を付けなければいけません。

スポンサードリンク