目の老化

目の老化について

スポンサードリンク

年を重ねるにしたがって,目にもさまざまな老化現象が現われ始めます。まだ働き盛りの40歳代で目の老化が始まることも珍しくありません。では,目の老化現象としてどのようなことが起きるのでしょうか?

 

一つは,老視(老眼)です。物を見たときにピント調節をするのは水晶体ですが,老化によってこれが柔軟性を失っていきます。その上,水晶体の厚さを調節している毛様体筋も,体の筋力と同じように低下して弱まっていきます。それによって,水晶体を厚くして屈折率を上げて近くのものを見ることが難しくなります。

 

近視の人は老視になりにくいということがいわれることがありますが,視力の状態に係わらず老視になります。ただ,近視の人は元々近くが見えやすいため,正視から老視になった人よりも不便さを訴えることが少ないです。しかし,メガネは近視用のものではなく,老視用のものが必要になります。

 

目の老化として,白内障も多く見られます。具体的には,水晶体が濁った状態といえます。水晶体はたんぱく質によって構成されていますが,これが老化によって不ぞろいになり,かすんでくる訳です。そのため,かすんだりぼやけたりした見え方になってきます。老視と違い,焦点は合っているものの,はっきり見えにくくなる,というのが白内障です。

 

白内障と診断されればすぐ手術,という訳ではありません。メガネなどで矯正しながら経過を観察するというのが一般的です。白内障の発症を遅らせたり軽くしたりするには,紫外線対策をしたり,目の健康に役立つ栄養素を取り入れたりすることが役立ちます。

スポンサードリンク