季節による目のケア

季節による目のケアについて

スポンサードリンク

目には休みがなく,一年中酷使されやすいと同時に,季節による変化に合わせて刺激や負担の原因も変わってきます。目を健康に保つには,それに応じたケアが必要です。では,季節に合わせて目をケアするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

まず,春,多くの人を悩ませるのが花粉症による目のかゆみや充血などの症状です。ついかゆくてこすってしまいがちですが,目を傷付けることがあります。それで,花粉症対策として目を洗うことを習慣にすると良いでしょう。花粉の時期になるとドラッグストアでは,洗眼剤が販売されます。炎症を抑える成分も使われていますので,かゆみは楽になるでしょう。

 

夏場は,春から続けて紫外線が強い時期です。肌には日焼け止めを使えますが,目には何もありませんので,紫外線が入るのをガードしなければいけません。帽子やサングラスが効果的です。サングラスは外見にも影響して選ぶのが難しいですが,濃い色のものではなく,薄い色のUVカットレンズにすると良いでしょう。濃いレンズは瞳孔が開いて目に多くの紫外線を集めてしまいます。度数のないメガネを作っても良いでしょう。

 

秋からは空気の乾燥が気になり始めます。ドライアイに注意しなければいけない季節です。加湿器を使うなどして部屋の湿度をコントロールするようにしましょう。寒くなる時期に向けて,肌の乾燥への対策にも役立ちます。

 

秋もそうですが,冬になっても紫外線の影響は侮れません。陽が低くなる分,室内に紫外線が入ってきます。窓から入る光を調節して紫外線対策を行ないましょう。

スポンサードリンク