最新の視力矯正法

最新の視力矯正法について

スポンサードリンク

視力異常のある人の悩みは,矯正器具が必要なことです。定期的にメンテナンスをしたり視力が変わると作り直したりと,面倒なことが多いです。メガネやコンタクトレンズに変わる矯正方法も増えてきています。では,最新の視力矯正法について見てみましょう。

 

新しい視力矯正法としてよく知られているのが,レーシックです。日本で認可されたのは意外と古く,もう10年以上の実績があります。仕組みは,レーザーを照射して角膜の屈折率を矯正することで,裸眼での視力を向上させる,というものです。具体的には,5層になっている角膜の上2層をレーザーで切り取ってフタを作ります。フタを開いてから,検査データに基づいて残りの角膜にレーザーを照射し矯正します。フタは閉じると自然にもとの状態に戻ります。

 

レーシックのメリットは,裸眼での視力が回復することです。スポーツをする人には向いています。また,料金は高額ですが,継続してコンタクトレンズを使い続けることを考えると,レーシックの方が安く済むことも多いようです。

 

手術は受けたくないとか未成年でレーシックが受けられない,という人に向いている視力矯正法が,オルソケラトロジーです。これは,矯正用のコンタクトレンズを入れて角膜の表面を平らにすることで焦点が網膜上に合うようにする,というものです。矯正レンズを使わなければ元の状態に戻すこともできます。料金は,レーシックと同じくらいの設定が多いようです。

 

手術が必要,その後のケアが不要なレーシック,手術が不要で毎日のケアが必要なオルソケラトロジー。これらが今後の視力矯正法として広まりそうです。

 

(この記事での視力矯正法は記事を書いている時点での最新の方法です。医学は日進月歩なので、日々変わる可能性があるので、ご了承ください)

スポンサードリンク