ミネラルについて

スポンサードリンク

ミネラルは,主要な栄養素として知られていて,意識して取り入れようとしている人がいる一方で,その働きを深く気に留めている人は少ないでしょう。ここでは,ミネラルとはどのようなものなのか,まとめています。

ミネラルとは

基本的な栄養素の一つである,ミネラル。ミネラルが大事とか,ミネラルを多く含む食品を食べようなどといわれますが,実際のところミネラルとは何なのでしょうか?ミネラルとはどのようなものなのか,見てみましょう。

 

五大栄養素といわれているのが,糖質,脂質,たんぱく質,ビタミン,ミネラルです。糖質は多くの食品からほぼ欠かすことなく摂ることができ,体を動かすエネルギー源として使われます。脂質やたんぱく質は肉体を作る主な材料で,エネルギーを産むためにも使われる栄養素です。これら3つの栄養素は,体を作るために必要なものであるといえます。

 

それに対し,ビタミンとミネラルは,主に体の機能を調節する働きを担っています。ビタミンは,体内での代謝活動を助ける働きが大きく,エネルギー源となるものが取り込まれていてもビタミンがなければエネルギーを作ることができません。体のさまざまな組織を作る助けをしたりその材料となったりするものもあります。

 

ミネラルの働きもそれとよく似ていますが,特徴的なのは元素そのものであるということです。そのため,体内で合成することはできず,食事などから取り入れなければいけません。また,単独で作用するビタミンとは違い,別のミネラルと対になってバランスを保ち,体の正常な機能を果たすようにしていることもミネラルの特徴です。そのため,どれか一つが極端に多かったり少なかったりすると,バランスが崩れ,全身の健康に影響を及ぼします。

 

体内にわずかしか存在しないミネラルですが,それぞれがバランスを取りながら非常に重要な役割をしています。

スポンサードリンク