ミネラルウォーターについて

スポンサードリンク

ミネラルウォーターについて

ミネラルといえば,まずミネラルウォーターを連想する人は多いでしょう。ミネラルウォーターを飲むことも,ミネラルを取り入れるのに効果的な方法といえますが,選び方も大切です。では,ミネラルウォーターをどのように選ぶと良いのでしょうか?

 

ミネラルウォーターにはいくつか種類がありますが,大きく分けて加熱処理をしたものとそうでないものとがあります。一見加熱処理したものの方が安全そうに思いますが,熱が加わるとミネラルの組成や水の構造などが変化し,元々その水に含まれていた成分を効果的に取り入れることができなくなります。

 

それで,できれば非加熱のナチュラルミネラルウォーターを選びたいものです。国内産のものは加熱処理をしたものが多いですので,海外のもので,加熱殺菌をしていないことが表示されているものが良いでしょう。

 

ミネラルウォーターを選ぶときに悩むのが,硬度です。これは含有ミネラルの量を表わしたもので,カルシウムとマグネシウムの量を元に計算しています。分類の仕方は国により違いがありますが,100以下を軟水,101〜300を中硬水,301〜1000を硬水,1000を超えると超硬水とすることができます。

 

硬度が違えば味も変わりますが,ミネラルの量が違いますので体調に合わせて選ぶこともできます。例えば,マグネシウムの多い硬水は便秘解消に役立ちますし,ミネラル量が適度な中硬水は筋肉の働きを良くして疲労を回復するために使えます。硬度が高い発泡水は,味気があり満腹感もすることからダイエット向きのミネラルウォーターといえます。

スポンサードリンク