ミネラルの吸収率を上げる

スポンサードリンク

ミネラルの吸収率を上げる

ミネラルは単独で多く取り入れても,腸での吸収率の低いものが多く,無駄になることがあります。そこで,食事では吸収率を上げることを考えなければいけません。では,どのようにすればミネラルの吸収率を上げられるのか,具体的に見てみましょう。

 

ミネラルの吸収率に影響する要素はいくつかあります。それは,ミネラルそのものの特性やそのミネラルが含まれている食品,また健康状態による腸の機能低下などです。いずれにせよ,吸収されやすいタイプのミネラルを吸収されやすいように取り入れることが大切です。

 

それで,食べ合わせを考えることができます。ミネラルの吸収率を上げる成分の主なものは,ビタミンCです。ビタミンCは,カルシウムや鉄などが吸収されやすくなるようにしてくれます。カルシウムの吸収率は,牛乳や乳製品で40〜50パーセント,小魚で30パーセント,野菜で20パーセントとされています。また鉄の場合も,動物性食品のヘム鉄は25パーセント,植物性食品の非ヘム鉄は5パーセント程度です。ですから,野菜に含まれるミネラルを摂るときは,ビタミンCを合わせるのが効果的です。

 

幸いなことに,野菜の多くにはビタミンCが豊富です。しかし,ビタミンC自体も水や熱によって奪われやすい性質がありますから,加熱を最低限にするか,生で食べるかすると良いでしょう。

 

微量ミネラルのセレンは抗酸化力のあるミネラルですので,ビタミンEと合わせれば働きが強まりますし,クロムはビタミンB群と一緒に取り入れれば糖代謝の作用を高めることができます。

スポンサードリンク